にきび跡の美容整形方法

にきび跡で悩まされる人は男女問わず多いです。
大阪の美容整形のサイトはこちらです。

10代後半には成長ホルモンの影響で男女ともに思春期にきびができます。

思春期にきびは20代になると自然に消えることがほとんどですが、今度は大人にきびができ始めます。
思春期にきびに対して、大人にきびの原因は複雑です。

脂性肌、乾燥肌のどちらの肌質でも大人にきびはできます。

ストレスや暴飲暴食、睡眠不足がたたってできることもあります。

にきび跡は肌のコラーゲン繊維が壊れている状態なので、セルフケアで完治させることはできません。美容整形では、にきび跡を改善させる治療もあります。主な方法には、次の2つがあります。

1つ目は、ピーリングです。
市販製品のピーリング剤もありますが、美容整形外科で使うピーリング剤は効き目が強いです。

皮膚の表面にピーリング剤を塗って肌表面に停滞している古い角質層を落とすことができます。

にきび跡の原因が肌のターンオーバーの乱れの場合、不要な角質が肌に残り、新しい肌の再生を阻んでいることもあります。

ピーリングを行うと目に見えて肌の状態が改善するので、ピーリングは美容整形では人気があります。

2つ目は、光治療です。
クレーター状になってしまっているにきび跡や、色素沈着に対して高い効果が期待できます。

施術方法はクリニックによって違いますが、光を肌に照射させて、皮膚の新陳代謝をアップさせてコラーゲン生成を促すものなどがあります。

光治療は痛みや副作用を伴わないので、手軽に受けることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *